HOME

スペシャルコンテンツ

こうゆう家がほしかった。

旦那

旦那(リーマン43歳)
デジタル依存症

わたし

わたし(40歳)
ビールをこよなく愛す

長男

長男(8歳)
J,チェン好き

次男

次男(1歳)
脅威の胃袋

終の住処だもの。こだわった家がほしい。(予算内で…。)

ビジュアル重視のわたし、やっぱり憧れるのはデザイナーズ住宅。
一級建築士と呼ばれる方のおしゃれ〜なサイトでおしゃれ〜な家を見つけては、
「ふんふん。ひろ〜いリビングダイニングから中庭に出て、休日はお外でブランチね。」とか、
「土地があるんだから平屋とかもいいよね〜。」とか、
「玄関までのアプローチは回廊(コリドー)みたいにするのも素敵だわ〜。」
などと、色々と妄想をふくらませておりました。

我が家でホムパ!

興友ハウスさんとの打ち合わせ初日、お気に入りの住宅本のページを広げて
私:「こんな家にしたいんですけど…。」
興友ハウス市川さん:「これは…、鉄骨ですね。」
旦那:「鉄骨は、予算的にどうかな〜、う〜ん。」
私:「じゃあ、別のこういう感じで平屋にして中庭造るとか…。」
興友ハウス杉山さん:「建築面積が広いほど、柱や梁が多くなりますから建築費って高くなるんですね。でも、予定されているご予算と、何を優先するかのバランスですからゆっくり検討していきましょう。」

…そう、予算ありきのマイホーム。夢見るだけじゃいられないのが現実。
考えてみれば、どんなおしゃれな家だって脱ぎ散らかした長男の靴下や、ソファに寝転んで耳かきをする旦那や、スーパーの袋を両脇に抱えた自分や、ましてや次男のオムツなどなど一切合切消してしまおうなんて無理な話。
興友ハウスさんとの何度かの打ち合わせで理想と現実のバランスを吟味しながらマイホーム計画は進んでいきました。

計画から1年半…。これが家族の生きる家。

本当に興友ハウスさんには着工ギリギリまで、幾度となく間取りを変更させてもらいました。これぞまさしく『match plan(マッチプラン)』の真髄を見させてもらった気がいたします。
不思議なことに、家作りって、着工が近づいて現実的になってくると「そういえばここはこうした方が…」とか、「これもあれも必要だった」って脳みそが働いてくるんですよね。(言い訳)

旦那は、家の傾きがないか着工中にビー玉を部屋中の床に置いて、ビー玉が転がらないか検証する、というなんとも悪趣味な実験などしてましたが、もちろんビー玉はピクリとも動きませんでした!

そして出来上がった我が家がこちらです!

外観

外観

とにかく、「白壁×赤みがかった木×ステンレス」の質感にこだわりました。
見た目の美しさから当初は塗り壁希望でしたが、メンテナンスのことを考え、継ぎ目の目立たないサイディングを選んで違和感のないようにしました。

ベランダ

ベランダからの撮影です。真ん中あたりにコーキングの継ぎ目があるのがおわかりでしょうか? 遠目からみたらほとんど違和感がありません。
ちなみに、ベランダの笠木は、本物の木ではなく樹脂です。これは旦那さんがネットで探してくれた「ニュアン」というメーカーのもので、私の好みの色で、メンテナンスも楽。まさに「だんな〜、良くやった!」でした。

夜外観

夜になるとこんな感じ。子供部屋はお勉強する事を考えて、青白い光の調光LEDにしましたが、全体的に赤みがかった暖かい雰囲気のダウンライトを多めに使って雰囲気を出すようにしました。

リビングダイニング

リビングダイニング

外観と違和感のないような配色を心がけました。床は木質複合フローリングで、少し幅のあるものを選びました。天然木のぬくもりを充分に感じられます。

キッチン

オープンなシステムキッチンは、クリナップの「クリンレディ」です。ステンレスと木目調パネルのバランスで決めました。本当は床材と同じ暗さの明るい木目調が良かったんですが、メーカー品ですからこればっかりはどうしようもないですね〜。

ニッチ

旦那こだわりの階段との仕切り壁のニッチは、照明を仕込んで雰囲気を演出してます。

和室

和室

同居する旦那のおばあさんの部屋です。他の部屋の内壁のクロスはすべて白ですが、ここだけ暖かみのあるベージュ系のクロスに。部屋が広く見えるように天井も同じクロスにしました。

洗面室&ユーティリティ

洗面室&ユーティリティ

この洗面台は私のこだわり。アンバーな感じにしたくてメーカー品でなく、住宅本の写真をお手本に造作で造ってもらいました。入居して5ヶ月ですが、思ったほど汚れも目立たなく、洗面後ろの収納棚にモノもすっきりしまえて大満足です。
洗面室の隣はシーズン毎に良く着る服を収納してここで身支度ができるように作ったユーティリティ。わざわざ寝室に着替えをしにいかなくて良くてとても便利です。

玄関&土間

玄関&土間

見た目で夫婦が一番こだわったのが玄関のニッチ。照明もニッチの照明と足下にも蛍光灯型の照明を仕込み、いざという時(どういう時?)両方つけるつもりで造りました。自己満足かもしれませんがお気に入りのインテリアが出迎えてくれるのはやっぱり気分がアガリます!

土間

(左)土間収納に普段使いしない靴や傘などをしまいます。(右)玄関はなんと両開き。これは風水的に玄関から良い気をたくさんもらう、という旦那の強いこだわりが…。
他にも水回りの位置なんかも方位に気をつけた間取りとなっています。

寝室

寝室

唯一、失敗したな〜と思うのがこの寝室。家で仕事をするスペースが欲しかったので寝室の一部を仕切って書斎にしたのですが、思いのほか寝室部分が狭く、使っていたベッドがそのまま置けませんでした(涙)

子供部屋

子供部屋

(左)長男と(右)次男の部屋。次男はまだ1歳なので今はおもちゃをしまう部屋となっています。

カーポート

最後に、カーポートとアプローチからの外観。ベランダの格子の笠木はなくても良かったかも…。(でも興友ハウスの杉山さんは『これをこの幅に取り付けるのはすっごい技術なんですよ!』って熱弁されてました。)外構は、春になったら木や草を植えて、ゆっくり庭作りをしていきたいと思っています。

今回、つくづく感じたのが家づくりは「機能美」を求めるのがとても難しいということです。
見た目にこだわれば機能が劣るし、機能にこだわるとデザイン的にちょっと…、どちらも兼ね備えたものは非情にお高い、みたいなことが山ほどあります。しかも、簡単にやり直しなんて出来ないですからね〜。だからその分、プランの段階で何度も何度も設計図をブラッシュアップしてくれる「マッチプラン」は本当に助かりました。我が家は当初から興友ハウスさんで、と決めていたので他の会社さんの事はよく分かりませんが、自由設計でこだわりを持って家造りをしたい方なら、「マッチプラン」は本当にオススメです。我が家も何度出し直してもらったことか…。普通だったらプランの変更料とかで請求されてもおかしくないのに、描き直しの追加料金なんて一切ないですから。
その甲斐あって、家族の笑顔がたくさん増えた家になりました
興友ハウスさん、本当にありがとうございました!そしてこれからもよろしくお願いします。

  • 住まいづくりのご相談
  • 資金計画のご相談
  • 土地・不動産のご相談
  • 資料請求
お電話からのお問い合せ
tel:055-993-5896
受付時間 : 9:00〜17:00
お問い合わせフォーム
お問い合わせフォームへ
24時間受け付けています。
興友ハウスについて
会社概要交通アクセス
所在地 : 静岡県裾野市伊豆島田814-3

【個人情報の取扱について】
お客様に記載、ご入力いただいた情報は、当社がお客様への住宅プランまたは、不動産情報の提供にあたり、お客様と連絡を取らせていただく目的以外には利用いたしません。